いやしろ

instagram
048-715-0623 048-715-0623

✳︎6✳︎ 「彩たまごと販売中のお野菜」

こんにちは!管理栄養士の鹿島です。

こちらのブログでは、皆さまのお役に立つ野菜や栄養素のお話、食養のお話などを中心に書いていく予定です。

是非とも皆さまの毎日にお役立てください✳︎

 


 

さて、今回のテーマは

✳︎6✳︎ 「彩たまごと販売中のお野菜」

についてです。

 


 

いやしろでは、さいたま市の養鶏場さんから新鮮で美味しい卵を購入し、地元の農家さんから新鮮で栄養たっぷりの野菜を購入しています!

 

今回はそんないやしろ自慢の卵と、現在いやしろで使用/販売中の野菜のご紹介・代表的な栄養素の解説をします♪

 

【いやしろでは、地元の養鶏場さんからおいしい卵を購入しています。

 

*彩たまご

卵は「完全栄養食品」といわれることもあります。それだけ豊富に栄養素が含まれているということです。
実際、卵には良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルをはじめ、私達の身体にとって必要不可欠な成分がバランスよく含まれています。なんと「ビタミンC」と「食物繊維」以外の栄養素はすべて含まれています!

<たんぱく質>
たんぱく質は人の体の臓器や筋肉、骨、皮膚、髪など主要な部分の材料となる栄養素で、三大栄養素の1つです。
私たちの身体には、体内で作り出す事のできない9種類のアミノ酸があります。その9種類のアミノ酸のことを「必須アミノ酸」と言います。
そして食品に含まれている必須アミノ酸が、理想とされる量に比べてどれくらいの割合で入っているかを示したものが“アミノ酸スコア”です。
卵のアミノ酸スコアは100であり、「良質のたんぱく質」だと評価する事ができます。

<ビタミンE>
ビタミンEは、青魚やナッツ類、油に多く含まれている脂溶性ビタミンです。
抗酸化作用を持つビタミンであり、酸化を抑えて老化を防ぐ働きがある事から「若返りのビタミン」とも呼ばれます。


【いやしろでは、地元の農家さんから新鮮な野菜を購入しています。

 

*にんじん

日本には江戸時代に中国から東洋種が伝わり、西洋種が入ってきたのは明治以降と言われています。
現在流通しているのはほとんどが西洋種です。

<βカロテン(ビタミンA)>
βカロテンとは、小腸でビタミンAに変わる栄養成分です。
βカロテンは、目の粘膜や網膜を健康に保つはたらきがあります。また、皮膚や粘膜の健康を維持する働きをもち、免疫力を高める作用もあります。

<カリウム>
カリウムは、細胞外液に存在するナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保ったり、血圧を調整したりします。体内の状態(恒常性)を維持するのに役立っており、これらの働きによってむくみが解消するとも言われています。

 

*ケール

ケールはキャベツの原種と言われています。青汁の原料として有名ですが、サラダや煮込み、チップスにもできます。
その栄養価の高さから「野菜の王様」とも呼ばれています。

<葉酸>
私達の体内で、赤血球は毎日つくられています。葉酸はビタミンB12とともに赤血球を作り出すのに欠かせない補酵素です。また、妊娠計画中の女性、もしくは妊娠中の女性は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させるために、葉酸を多く摂取する必要があります。

<カルシウム>
カルシウムは、言わずと知れた骨の主要成分で、リンやマグネシウムとともに、骨や歯の健康維持に関わっています。「研究ではケールのカルシウム吸収率は牛乳の約1.3倍と高かった。また、食後の血糖上昇を抑制したり、花粉症の症状を緩和する効果も確認されている」という報告もあります。

 

 

いやしろではさいたま市発祥の「紅赤」をはじめ、地元の農家さんから購入した新鮮で身体にも優しい食材を豊富に使用しています。

ぜひいやしろで、地元の食材のおいしさ、パワーを受け取ってくださいね。

 

 

 

皆さまの心と身体が、いつまでも元気でいられますように✳︎

 

それではまた次のブログでお会いしましょう!

ありがとうございました。

 

NEWS一覧へ
一番上に戻る