いやしろ

instagram
048-715-0623 048-715-0623

✳︎1✳︎ 野菜の摂取量と栄養素

こんにちは!管理栄養士の鹿島です。

こちらのブログでは、皆さまのお役に立つ野菜や栄養素のお話、食養のお話などを中心に書いていく予定です。

 

是非とも皆さまの毎日にお役立てください✳︎

 


 

さて、今回のテーマは

✳︎1✳︎ 「野菜の摂取量と栄養素」

についてです。

 


 

【野菜の目標摂取量と現状】

「健康日本21(第二次)」では、生活習慣病などを予防し、健康な生活を維持するための目標値の一つに「野菜類を1350g以上食べましょう」掲げられています。

しかし平成30年の同調査での野菜類平均摂取量を見ると、成人男性で約290g女性で約270gとなっています。特に2030歳代は男性で約260g、女性で約240g成人の平均より約30gも少ない量になっています。

(厚生労働省健康情報サイトより)

以上の事から、野菜が健康増進のために重要である事は多くの人が知っていると思いますが、実際に350gの野菜を摂取するのはなかなか難しいのが現状であるように思います。

 

また可食部100g中に600μg以上のβ-カロテンが含まれている野菜のことを「緑黄色野菜」と言い、トマト、にんじん、ピーマン、ブロッコリーなどが挙げられますが、350gの野菜摂取が勧められる中で、うち120gは緑黄色野菜を摂る事が理想とされています。

しかしこの事についても知らない方が多いのではないでしょうか。

 

【野菜に多く含まれる栄養素】

野菜はビタミンやミネラルが多く含まれ、食物繊維を多く含んでいる事が特徴になります。

〜ビタミン・ミネラル〜

ビタミンやミネラルは、主に「体の調子を整える」働きがあります。

糖質、脂質、たんぱく質の分解や合成を助ける働きを持ち、健康維持、体調管理には欠かせない栄養素です。

ビタミンは溶解性の違いで水に溶ける水溶性ビタミンと油に溶ける脂溶性ビタミンに分類されますが、水溶性ビタミンは、尿などと一緒に排泄される為、必要量を毎日取る必要があります。

一方、脂溶性ビタミンはその性質から油と一緒に摂ると吸収率が上がります。

ミネラルは、骨・歯など体の構成成分にもなります。

〜食物繊維〜

食物繊維は、主に「おなかの調子を整える」働きがあります。食物繊維は腸内細菌の重要なエサになっているのです。体に良い働きをする腸内細菌を「善玉菌」と言いますが、食物繊維はその「善玉菌」のエサとなって、増殖を助けます。

また、食物繊維は水溶性のもの、不溶性のものがありますが、水溶性の食物繊維は便を軟らかくして排便がスムーズにいくようにしてくれます。

一方、不溶性の食物繊維は便の量を増やし、腸を動かして便秘を解消する手伝いをしてくれます。

 

 

このように野菜は様々な栄養素、パワーを持っていますが、ご家庭では時間やお金、保存等の関係でなかなか毎日しっかりと食べることが難しいと思います。

だからこそ、いやしろにお越しいただいた時に新鮮な旬のお野菜をたっぷり召し上がっていただき、身体と心を元気にしていただきたいと思っております。

 

皆さまの心と身体が、いつまでも元気でいられますように✳︎

 

それではまた次のブログでお会いしましょう!

ありがとうございました。

 

 

NEWS一覧へ
一番上に戻る